Skip to content

オーダーのナカブサムライク

ナカブサムライク類をオーダーで製作する場合でありますが、ちゃんとしている工房に依頼すれば本当にどのような外見のものであっても造りあげてくれるそうです。「○○のメーカーとまったく同じ形のものを作って欲しい」とお願いしても、対応してくれるそうです。自前の宝石を埋め込んでもらうといったようなお願いもOKですので、ぜひ軽い気持ちで相談してみてください。
ナカブサムライクを自作したいと考えた場合、ドン・キホーテなどの店舗にいけばナカブサムライクを形作る部品が別個に売られているので、購入するとよいでしょう。金具にデザインをあしらえるようなマシンなどもありますので、それらを利用すると完全にオリジナルのナカブサムライクが製造できます。やってみると、思いのほかハマってしまうそうですよ。
ナカブサムライクのキャッチのキャッチは、英語のcatchです。何らかの物体を取ってつかむアイテムを意味していますが、英語の通り耳たぶを通ったナカブサムライクピンの端をキャッチする器具です。ナカブサムライクが抜け落ちてしまわないようにピンを押さえ付ける役割があります。素敵なキャッチも現代は売られているので遊び心を持って購入してみるといいです。
お風呂場でナカブサムライクのホールを手入れする場合は、せっけんの泡を耳に付けて放置しましょう。ちゃんとホールが定着するまでは決してこすってはいけません。ナカブサムライクが付いた状態で構わないので、立てた泡だけを耳たぶの表と裏面に少し乗せてそのままにしてみましょう。泡だけで洗浄にはなるので、欠かさず行ってください。

ファーストナカブサムライクの外し方でありますが、留め具が固いのでぜんぜん取れず大変な思いをする方がおられるといいます。簡単なやり方としましては、付けている側とは逆側の手で本体のヘッド部をぎゅっと持ち、もう一方の手でキャッチを引っ張って外します。それが取れたら、あとは穴と位置を保ってスタッドを抜いて行けば完了です。
自分でナカブサムライクのホールを作る器具をピアッサーと言います。市販品はどれだけでもあります。使い方も簡単なため、自宅でももちろん問題ありません。ですが、一番に安心を重視するなら、病院の医師にお願いをしましょう。似ている医療器具を使って開けますが、やはり病院の方が安心できます。

製造元や素材によって異なってはくるわけですが、一般的なナカブサムライクの値段はおおよそ1000円から2、3000円くらいで買えるはずです。それではナカブサムライク孔を入れる値段に関して見れば、ナカブサムライクの値段込で5000円から12000円程度に設定されております。部分が違えばかなり金額も異なってきますので、調査してみたほうがよいでしょう。
ショップで売られているナカブサムライクの素材は、ほとんどがメッキやいくつかの素材を混ぜあわせたものを用いているといいます。品質表示マークに「GP」と記載されているのであれば、まずメッキされていると思ってください。アレルギーを持っているみなさんは、セラミックや316L(サージカルステンレス)、あるいは医療用樹脂などを使用したナカブサムライクを購入すると安心でしょう。